建設業コラム
建設業コラム
作成日:2022/10/21
助成金のもらい忘れに注意!?技能講習等を受講させるときに知っておきたいこと



建設業の方で、従業員に技能講習や特別教育、施工管理技士講座などを受講させようと考えている方は大勢いらっしゃると思います。

そういった技能実習や講習を申し込む際、ただ受講させて終わりにしていませんか?

今回は、受講させるときに知っておかなければ後悔するポイントをお伝えします。


人材開発支援助成金


従業員の能力向上のために技能講習特別教育等を受講させると支給される助成金があります。

人材開発支援助成金という制度で、建設業に携わる中小企業の事業主が支給対象です。(正式名称:人材開発支援助成金 建設労働者技能実習コース)

しかもこの助成金、受講料の最大90%が助成され、さらに一日あたり最大11,405円の賃金についても助成されます。

経費(受講料)+ 賃金」が助成され、さらに技能者の育成ができるこの助成金。
利用できる中小事業主の方にとって利用しない手はないですね。

(※)対象となる教習機関の講義の受講など、支給にはいくつかの条件があります。


建設キャリアアップシステムへの登録


この助成金は、ある条件を満たすことで支給額が増えます。
その条件とは、建設キャリアアップシステム(CCUS)への登録です。

建設キャリアアップシステムとは、技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムで、国土交通省や全国の建設業団体が強力に推進しています。

その建設キャリアアップシステムの技能者登録をしていれば、賃金の助成額がUPします。

まだ登録していない!という方は、是非この機会に登録をしましょう。

CCUSに登録していないと現場に入れない等の状況になっている現場もあるようですし、国土交通省も原則義務化に向けて動いています。

いずれ登録する必要に迫られることになるのであれば、助成額が増えるこのタイミングでの登録がオススメです。

 建設キャリアアップシステムの登録についてはこちらをご覧ください。
初めての建設キャリアアップシステム


 建設キャリアアップシステムの代行申請サービスもあります。
建設キャリアアップシステム担当者必見!新規登録 代行申請特急サービス



建設キャリアアップシステムへの資格追加→レベル判定


講習を受講した後は、建設キャリアアップシステムへ資格を追加しましょう。

建設キャリアアップシステムには、技能レベルに応じて4段階のレベルがあり、カードが色分けされています。
資格等を追加して手続きを踏むことでレベルを上げていく仕組みになっています。

何もしなければレベル1のままなので、是非取得した資格をCCUSへ追加して、レベル判定をしてみましょう。


事業者にとっても、自社の従業員のレベルを客観的に示すことができるメリットがあります。
最上位レベルのゴールドカードを持っている従業員がいれば、実力のある会社だと他社からの信頼が増し、受注機会や受注単価の増加にも繋がるでしょう。

《関連するページ》
 
「技能者カード あなたのカードは何色?」
 CCUSのレベル判定をするなら今のうちがオススメ!どうして?


建設業サポートデスク


建設業サポートデスクでは、人材開発支援助成金の申請や、建設キャリアアップシステムの登録やレベル判定等の手続き代行をしています。

講習等による人材育成をお考えの事業者の方は、助成金の申請からCCUSの登録・レベル判定まで、全てまとめてお任せいただくこともできます。


もちろん個別の対応も可能ですので、是非ご検討ください。

お申込み・お問合せはお電話またはお問合せフォームで承っています。
まずはご相談だけも構いません。


TEL 06-4862-7749 (平日9:00〜17:00)


  


お問合せ
建設業サポートデスク
532-0011
大阪市淀川区西中島6-7-3
第6新大阪ビル905号室
TEL:06-4862-7749
FAX:06-6829-7488

国交省バナー01

CCUSバナー01





建設キャリアアップシステム認定登録機関リスト