建設業コラム
建設業コラム
作成日:2022/12/14
建設キャリアアップシステム IDの種類や利用料金について




建設キャリアアップシステムを登録し運用していく中で、いくつかのIDが出てきます。
それぞれの役割がよくわからず、その上作成すると利用料金がかかるIDもあり、まだ運用に慣れていない事業者の方にとって悩みの種になることもあるでしょう。

今回は、そのIDの種類についてまとめてみます。


IDの種類


建設キャリアアップシステムで使われるIDは、大きく3つのグループに分けることができます。

技能者に関するID
技能者ID

事業者に関するID
事業者ID
管理者ID
代行登録担当者ID

現場に関するID
現場ID


これらのIDを順番に見ていきます。


@技能者ID


技能者登録をすると自動で発行されます。

申請時に技能者登録料を支払い、10年間有効です。
(※登録方法によって有効期限3年の場合もあります)


A事業者ID


事業者登録をすると自動で発行されます。
5年ごとに更新が必要で、資本金に応じた事業者登録料がかかります。


B管理者ID


管理者IDはさらに3つの種類に分かれます。
また、1ID発行につき年間利用料11,400円がかかります。
(一人親方は2,400円)


事業者責任者ID
事業者登録をすると自動で発行されます。(事業者IDと同一ID)
組織の一番上位の権限をもつIDになります。
事業者登録時に設定した登録責任者が自動で割り当てられます。
事業責任者IDを追加することも可能です。


第1〜第3階層管理者ID
支店や部署毎など、組織の規模に応じて第1、第2、第3階層と3つまで階層を設定することが可能で、その階層を設定するごとに自動で発行されるIDです。

尚、階層設定は任意です。
小規模事業者等で階層設定をしない場合は、各階層管理者IDは発行されません。


現場管理者ID
現場を管理する管理者のIDです。
現場登録をする際に、現場管理者を選び設定する必要があります。

元請のみが設定します。
現場管理者IDについては利用料金は無料です。



C代行登録担当者ID


事業者や技能者の代行申請を行うことに特化したIDで、新規・変更手続きの代行申請が可能です。
IDの利用料金は当面の間、無料になっています。


D現場ID


各現場毎に振られるIDで、現場・契約情報を登録すると自動で発行されます。
利用料金は発生しません。



建設業サポートデスクの現場運用導入支援サポート


2023年より全現場へのCCUS導入が経審の加点対象になるなど、建設キャリアアップシステムの導入が急務になる元請事業者もいるかと思います。

でも、「何から始めたら良いのか…」、「何をしなければならないのか…」等が全く分からない事業者や、登録は終わったが「現場登録の操作方法が分からない」等、お困りの事業者も多く見受けられます。

建設業サポートデスクでは、そのような事業者の方へ、認定アドバイザー等の専門家による「導入支援サポート」を行っています。

現場運用に必要な手続き等のサポートを行い、ご希望があれば担当者へのレクチャーも可能です。

電話対応窓口がない等、サポート体制が充分とは言えない建設キャリアアップシステムですが、建設業サポートデスクがしっかりサポートをするので安心して建設キャリアアップシステムを導入・運用することができます。

その他、新規登録・変更手続きカード再発行ログイン情報再発行レベル判定など、建設キャリアアップシステム全般に関する手続き代行・サポートが可能です。

お申込み・お問い合わせは、お電話またはお問合せフォームで承っています。

まずはご相談だけでも構いませんので、建設キャリアアップシステムについてのお悩みがあれば一度ご連絡ください。

TEL 06-4862-7749 (平日9:00〜17:00)


【関連するページ】

 元請必見!CCUS現場利用のフローとCCUS導入支援サポート


お問合せ
KATO行政書士事務所
532-0011
大阪市淀川区西中島6-7-3
第6新大阪ビル905号室
TEL:06-4862-7749

国交省バナー01

CCUSバナー01





建設キャリアアップシステム認定登録機関リスト